会社設立手続きの流れ

@基本事項の決定
・出資者、発起人の決定
・会社名の決定
・業務内容の決定
(・業務内容の許認可を確認する。新しく起業するのであれば、許認可、届出の費用なども考慮する必要があります。)
・本店所在地の決定
・役員の決定
・決算期の決定
・資本金額の決定
*Aの前に会社設立費用と当事務所報酬のお支払いをお願い致します。
A商号及び目的の調査(法務局)
*新会社法上、類似商号の調査は不要となりましたが、不正競争防止法など、トラブル防止の観点から事前の調査はしておくべきでしょう。
*Aで問題がなければ、お客様が会社の実印を発注する。
B定款の作成
C定款認証(公証役場)
D資本金の払い込み(銀行口座)
E設立登記手続(法務局)
F設立後の諸官庁への届出
G事業に必要な許認可の取得(業務内容により必要な場合)

会社設立後の諸官庁への届出

税務署、都道府県税事務所、市区町村役場、社会保険事務所等への届出が必要です。無料にてアドバイスさせていただきます。なお、手続について具体的にご依頼をいただく場合は、別途費用がかかります。

事業に必要な許認可の取得

業種によって許認可の必要な業種もあります。無料にてアドバイスさせていただきます。なお、手続について具体的にご依頼をいただく場合は、別途費用がかかります。