定款とは

定款とは、会社名、業務内容、本店所在地、役員、決算期、資本金額などの会社の基本事項と会社の運営のルールを定めた『会社の憲法』ともいわれるもので、会社を設立するためには必ず作成しなければならない書類のことです。この会社設立時に作成された定款は原始定款といい、公証人の認証を受けなければその効力が生じません。
また法人としての会社設立の効力は法務局への登記が必要ですが、原始定款は、その添付書類になる重要なものです。

電子定款とは

これまで定款は紙ベースで作成されたものだけが認証されていましたが、法改正により電子文書での定款の認証が可能になりました。この電子文書での定款を電子定款といい、WORD等で作成した定款文書をPDF形式に変換し、電子証明書で電子署名をするものです。これをフロッピーに保存して公証役場で認証を受けます。

電子定款認証では紙ベースの定款で必要な印紙税(4万円)が不要となります。当事務所はこの電子定款認証に対応していますので、当事務所へ会社設立手続(会社設立完全代行コース)を依頼されると印紙税(4万円)が不要となるメリットがあります。
また『会社設立完全代行コース』だけでなく、『定款作成と電子署名及び認証手続コース』、『電子署名及び認証手続コース』も用意していますので、状況に応じてご依頼下さい。